フラワリーライフのスタッフ 三船悦子が描くボタニカルアートの世界

 

活け花、アレンジメントなどお花に関してはすごいキャリアの持ち主でもありながら、

さらに仕事をしながら植物画を毎日の様にこつこつと描き続けて、何度もギャラリーなどで個展を開催しています。

一般的な植物画とはまたひと味違う、花材の出会いがあったり、構図であったり

どの作品も本当にステキです。 そんな作品を皆様にも是非ご覧いただきたく 一部ではありますが

紹介させていただきます。  全て過去に発表させていただいている作品です。

今年は秋に“紙のめぐみ”さんにて、坂本直昭さんの和紙の作品に植物画を描き、めぐみさんが額装すると言う新しい試みの個展を開催、期間中本当に多くの方がご来場下さり、二度三度と足を運んで下さった方もいらっしゃいました。

また、次回個展の開催の時はこのページでもご案内させていただきたいと思います。

 

下の写真は以前に個展を開催した時のものです。

クリスマスローズは随分沢山描いているのに、手持ちの写真がなく

このページにアップでお見せ出来ないのが残念ですが・・・

 

  と、書いていたら、T様が何と写真を用意して下さいました!!

 過去に数回開催された個展の度に、いつも丁寧に作品集を作って下さっていて、

 今回写真をCDに入れて送って下さいました。

 少しずつですがアップしていきます。 お楽しみに・・・